キャッシングの利用に必要な物の一つに、収入の証明があります。収入を得ていない人は、イコール借りても返す当てがない、返す気がない人とキャッシングサービスに見られるので、基本的に借り入れを行うことができません。返済能力のない人にお金を貸したくないと思うのは、一個人でも、キャッシング会社のようなサービスでも同じことです。

キャッシング会社は利用者の返済能力を確かめるために、申し込み時に収入証明を求めます。ここで働いて収入を得ていることを証明する書類を提出できなければ、審査を通過してお金を借りることもできません。

キャッシング会社は、金額の多さよりも安定性を求めるものなので、一月分の給料明細というのは、収入証明としてはあまり機能しません。源泉徴収票や課税証明書など、数カ月や一年といった期間の収入の証明が、まとめて行えるものが、提出書類として適した存在となります。

収入の証明によって、借り入れ限度額というものも決まりますから、なるべく多くの金額を借りたいのなら、収入が増えるまで借り入れを待ってみるのも一つの方法です。派遣社員から正社員に変わるだけでも、かなり評価は変わってきますので、より効果的な形で収入の証明ができるよう行動してみましょう。