キャッシングでは、たいてい年数を確認される事になります。会社でどれ位勤めていたかは、金融会社では確認を行うのです。いわゆる勤続年数です。このためタイミングが1つのポイントになってきます。

勤続年数というのは、もちろん人それぞれ異なります。1つの会社で長く勤める方もいれば、逆に非常に短い方もいるでしょう。中には、勤めてから1年も経過していない方もいます。

それで後者のように短期ですと、ちょっとキャッシングでは難しい事も多いのです。やはり1つの会社で長く働く方々は、審査には通りやすい傾向があります。

このため、入社してから間も無い時期に申し込みしない方が良い事もあるのです。勤続年数が短いだけに、落とされる確率は高いからです。

そしてキャッシングでは、審査落ちになったという情報は記録されます。一旦記録されてしまいますと、しばらくの間は情報が残ってしまうのです。それで数ヶ月後などに再度申し込みをする時には、その情報が影響を及ぼしてしまう事もあります。

つまり申し込みをするのは、少し待つ方が良いのです。一般的にキャッシングでは、勤続年数が1年を超えたかどうかが基準になります。ですから入社してから半年程度なら、もう半年ほど待つ方が良いでしょう。