カードローンを利用しようと思ったらカードが利用できなくなっていた。

もしかしたら、転職や引越しが原因になっているのかもしれません。

カードローンは住宅ローンなどといった目的別ローンとは違い、保証人や担保が一切ないローンのため信用がとても大切になってきます。

もし転職したのであればそのことは金融機関に連絡をして勤務先が変わったことを伝えておきましょう。

もちろん年収なども変わった場合は伝えるようにしておきましょう。

そして引越しした場合も住所変更をしっか行っておきましょう。

金融機関から書類などが郵送されて場合に郵送物が確認できない可能性が出てきます。

その書類が書留等の場合は住所が違うので不届けになってしまいます。

そうなれば金融機関からの信用を失ってしまい強制的に使用停止という結果になってしまいます。

そのような状態にならないためにも転職や引越しはもちろんですが、携帯番号が変更になったなど申込み時の登録情報が変更になった場合は細かいことでも連絡しておくようにしましょう。

そのような信用の積み重ねが限度額の増額などといった結果に影響されてきますので、ぜひ変更事項は細目に報告していくように心掛けていきましょう。